小児矯正

小児矯正7つのポイント

歯科用語では、かみ合わせが悪いことを「不正咬合」といいます。かみ合わせが悪いとかむ機能がうまく働かないだけでなく、心理的にも影響があるとされています。治療を開始する時期は、お子さんのかみ合わせの状態によりますが、できるだけ早期に始めたほうが効率的に、短期間で改善できる傾向にあります。熊谷市でこどもの矯正歯科治療をお考えの方はご相談ください。以下に、子どものうちから矯正をするメリットを整理してみました。

1 あごの成長も見据えて

あごの成長が続いている子どもの頃であれば、あごの成長も治療計画に組み入れて進めていきます。大人になってからの治療より、よりきれいでバランスやかみ合わせの良い結果になるように仕上げることができます。

2 良い歯並びを導く

乳歯がまだ全部抜けきっていない幼少期であれば、乳歯を抜歯するタイミングをコントロールすることで、悪い方向に生えそうな歯の原因を少なくして、良い歯並び・かみ合わせになるように導いていきます。

3 手術の可能性を減らす

極端に大きい歯がある場合などでは、大人になってからでは手術が必要なケースがありますが、小児矯正ではあごの成長期にあるため、手術のリスクを減らしつつ、より良い仕上がりを目指すことができます。

4 非抜歯矯正が可能に

幼少期であれば、あごの成長を正しい状態に導くことによって不必要な抜歯の可能性を減らします。成長後に矯正治療をした場合、あごをきれいな形にすることを考えると2~4本の永久歯の抜歯が必要となるケースがありますが、幼少期から矯正治療を行っていると、非抜歯での治療が可能になる確率が高くなります。

5 装置を付ける期間を短縮

小児矯正では、あらかじめ乳歯の段階で歯並びを改善することで、永久歯の本格矯正が必要となった時に治療期間を短くすることができます。

6 健康な歯やあごへの負担が減る

早期に歯並びを改善することによって、悪いかみ合わせが原因での極端な歯のすり減りや、あごへの負担を減少させます。

7 心理的にプラス

早めに目立つ部分の歯並びを改善することによって、コンプレックスを解消しておくことができます。いじめの対象となるようなことを防ぎ、健全な精神発達の環境を整えてあげることができます。

小児矯正のメリット

永久歯を抜かなくて済むことが一番です。乳歯の段階ではワイヤは付けませんが、マウスピースを用いたり、床(しょう)という器具を使って口の中を広げたりして、永久歯が生えるための土台づくりをすることができます。通院はたいへんですが、小さいうちからきちっと対応したほうが将来のきれいな歯並びをより少ない負担、期間で実現することができます。熊谷市で小児歯科についてのご質問なら、お気軽に当院にお問い合わせください。

八重歯や出っ歯などの矯正

全ての歯が生え変わってからでも非抜歯矯正などに間に合うことも多くありますが、反対咬合(受け口)やあごの発育不全によって将来の悪い歯並びが予想される場合などでは、前歯が生え変わり始めた6~7歳の時点であごの骨を広げたり押さえたりする治療を開始する必要があります。長い方では10年がかりでの治療になる場合もあります。どのようなタイプの歯並びであっても、早めの治療が、歯並びをきれいにするという最良の結果に繋がります。

治療時期と期間

矯正に年齢的な制限はありません。ただ、よりきれいに、より短い期間で治療を終了させるには身体の活性が高い成長期が矯正治療に一番良い時期といえます。ただし、不正咬合の種類によっては、乳歯の時から治療を開始したほうが良い場合もあれば、永久歯が生えそろってから治療したほうが良い場合もあるので、誰でも早いほうがというわけでは決してありません。まずはご相談ください。通院は1カ月に1回ほどで、本格的な治療期間は平均して2~3年です。治療開始時期や治療期間は、適正な診断を受けて最も良い選択をすることが大切です。

抜かないで治療したい

矯正歯科医も歯は抜きたくないのです。歯を並べるスペースを拡大することができるのであれば、矯正治療で永久歯を抜く必要はなくなります。しかし、歯並びの横幅の拡大や奥歯をさらに奥に動かそうとしても、あごの骨の大きさには限界があります。現在のスペースの不足量・拡大できる量などを勘案して、歯を抜かずに配列できるか、抜歯が必要かを決めます。あごの成長が旺盛な時期は、歯を抜かずに矯正治療を行える可能性が高くなります。抜歯をしないで矯正をしたい方は、まずご相談ください。