• 費用
  • お悩み
  • HOME > こどものための矯正

    こどものための矯正

    小児矯正7つのポイント 

    小児矯正7つのポイントのイメージ

    小児歯科では、噛み合わせが悪いことを「不正咬合」といいます。咬み合わせが悪いと噛む機能がうまく働かないだけでなく、心理的にも影響があるといわれています。治療を開始する時期は、お子様の噛み合わせの状態によりますが、できるだけ早期に取りかかった方が効率的に改善できる場合もあります。以下に、子供のうちから矯正をするメリットを整理してみました。

    その1
    仕上がりが良くなる

    あごの成長をしきっていない子供の頃であれば、あごの成長も治療計画に入れて進めていきますので、大人になってからの治療より、よりキレイなバランス・咬み合わせになるように仕上げることができます。

    その2
    歯並びが悪くなる歯を少なくできる

    乳歯がまだ全部抜けきっていない幼少期の頃であれば、乳歯を抜歯するタイミングをコントロールすることで、悪い方向に生えそうな歯の原因を少なくさせて、良い歯並び・咬み合わせになるように導いていきます。

    その3
    手術の必要性が減る

    極端に大きすぎる歯があった場合など、あごの成長が止まっている大人になってからではいずれ抜歯をしなくてはならないケースがありますが、あごの成長をバランスよく保つ小児矯正では、より良く仕上げることができます。

    その4
    抜歯の可能性が減る

    顎の成長が終わっていない幼少期の頃であれば、顎の成長を正しい状態に導くことにより、不必要な抜歯の可能性を減らします。例えば成長後に矯正治療をすると顎をキレイな形にすることを考えると2~4本の永久歯抜歯が必要のケースでも、小児期から矯正治療を行っていると、非抜歯での治療が可能になる確率が高くなります。

    その5
    装置をつける期間が短くて済む

    抜歯をする可能性を抑えられたりする小児矯正では、あらかじめ小児矯正時期に歯並びを改善する事で、本格矯正が必要となった時でも、治療期間を短くすることができます。

    その6
    歯や顎への負担を減らせる

    “その4”の理由も含み、早期に歯並びを改善する事によって、悪い咬み合わせが原因での極端な歯のすり減りや、顎への負担を減少させます。

    その7
    コンプレックスの解消

    早めに目立つ部分の歯並びを改善する事によって、物心がつきはじめた際のコンプレックスを解消しておくことで、いじめの対象となるようなことを防ぎ、心理的にも健全な精神発達の環境を整えてあげる事ができます。

    何歳から矯正できるの?

    歯の矯正の開始年齢については「どういうタイプの歯並びの悪さなのか」によって差があります。

    八重歯や出っ歯などの矯正のイメージ
    八重歯や出っ歯などの矯正

    全部歯が生え変わってからの数年間の治療で間に合うことも多いです。
    あごの骨の発達に関連する反対咬合(受け口)やあごの発育不全によって永久歯のスペースがなくなってしまい、強烈なガチャ歯になることが
    予想される場合などでは前歯が生え変わり始めた6~7歳の時点で
    あごの骨を広げたり押さえたりする治療を開始しないと思春期になってからではキレイに治らないこともあります。(長い方では10年がかりでの治療になる場合もあります)
    どういうタイプの歯並びであっても、早めの治療が歯並びをきれいにするという最良の結果に繋がります。

    治療時期と期間

    治療時期と期間のイメージ

    矯正に年齢的な制限はありません。ただ、よりキレイに、より短い期間で治療を終了させるには身体の活性が高い成長期が矯正治療に一番良い時期といえます。一見、活性を終えてからの治療の方が短期集中で早く治療を終えれそうにも思いますが、歯並びの悪さによっては抜歯する可能性が高い成長期後よりも抜歯等の可能性の低い幼少期の頃の治療の方が、治療時期は良いといえます。中には、不正咬合の種類によって乳歯の時から治療を開始した方が良い場合もあれば、永久歯がはえそろってから治療した方が良い場合もあるので、誰でも早いほうがというわけでは決してありませんので、まずはご相談ください。通院は一般に1カ月に1回で本格的な治療期間は平均して2~3年は必要です。治療開始時期および治療期間は、不正咬合の種類で異なりますので適正な診療を受けて最も良い時期に治療を始めることが大切です。

    抜かないで治療したい

    抜かないで治療したいのイメージ

    矯正歯科医も歯は抜きたくないのです。
    歯を並べるスペースを無限に拡大することができるのであれば、矯正治療で永久歯を抜く必要は無くなります。
    ところが、前歯を前に動かしすぎると唇が突出して外観が悪くなってしまいます。
    歯並びの横幅の拡大や、奥歯を後に動かそうとしても、顎の骨の大きさには限界がありますし、頬や唇の筋肉が歯を内側に向かって圧迫するために、せっかく拡大した歯が内側に動いて再び凸凹になってしまいます。

    それでは治療が成功したとはいえないのです。
    そこで、現在のスペースの不足量・安定する程度の拡大で得られる量・
    好ましい前歯の位置に並べるために必要な量をプラス・マイナスして出た最終的な不足量の程度によって、歯を抜かずに配列できるか、抜歯が必要かを決めるのです。
    顎の成長が旺盛な時期(小学生の頃)は、骨や筋肉が矯正治療に適応する方向に成長する可能性があるため、歯を抜かずに矯正治療を行える可能性が高くなります。

    住所
    〒360-0832 埼玉県熊谷市小島409

    最寄り駅
    大麻生駅から徒歩20分
    熊谷運動公園近く 駐車上完備(10台)

    診療時間
    平日 9:00-12:30 / 14:30-19:30
    土曜 9:00-12:30 / 14:00-16:30
    ※木・日は事前にご確認お願いします

    お問い合わせ 詳しくはこちら