• 費用
  • お悩み
  • HOME > よくある歯並びについてのお悩み

    よくある歯並びについてのお悩み

    出っ歯

    出っ歯のイメージ

    出っ歯は医療的には上顎前突(じょうがくぜんとつ)と呼ばれ、上あご、または上の前歯が前に出ている状態を言います。これを放置しておくと、前歯を折ったり、外傷を負うなどの危険性があります。

    出っ歯の治療にはどういうものがあるのでしょうか?
    出っ歯の治療では基本的に、上の歯を抜歯するか、左右に広げてスペースを作ることからはじめると思います。
    抜歯や歯の隙間を広げて、前歯を下げるスペースを確保するためです。またこの時前歯の部分を若干削ることもあります。

    すきっ歯

    すきっ歯のイメージ

    歯と歯の間が気になる「すきっ歯」矯正装置を使う治療のほか、審美歯科による矯正法があります。

    すきっ歯とは、歯と歯の間に隙間が出来る状態を言います。息が抜けるくらい隙間が大きい場合、聞き取りにくい発音となり、また虫歯や歯周病の原因となる可能性があります。

    すきっ歯は空隙歯列(くうげきしれつ)といい、歯と歯の間があいていて、食べ物がはさまったり、前歯のすき間が目立ってしまう、といったような悩みがあげられます。
    顎(あご)の大きさに対して、歯のサイズが小さいことや先天的に歯の本数が足りないことなどが、原因にあげられます。また、そのすき間に無意識のうちに舌を押し付けたりしていると、症状が悪化することがあります。すき間がとても多い場合や、歯がとても小さい場合には、人工の歯を用いる治療を行います。

    上下ともに装置を付け、すき間を矯正で寄せていき、歯並びを整えていきます。
    上顎の前歯のすき間も閉じます。その後、前歯の角度を変えながら後ろに引きます。

    八重歯

    八重歯のイメージ

    叢生(そうせい)は、歯と顎大きさがアンバランスな症状です。
    歯を抜くなどしてスペースを作り、凹凸の歯並びを整えます。

    歯が重なり合って生えている状態を叢生(そうせい)といいます。
    いわゆる八重歯や凸凹の歯並びのことです。
    犬歯が飛び出していることが多く、普通は犬歯のひとつ後ろの歯(第一小臼歯)を抜いて矯正します。
    原因としては、歯が非常に大きいか、顎(あご)が小さいことなどが考えられます。このような歯並びの方は、歯みがきが非常にしずらいため、虫歯や歯周病になりやすいです。

    まずは歯を抜かずに治療が可能なのか検査します。
    抜歯の必要がある場合、左右の第一小臼歯を一本ずつ減らし、上あごの後ろから2番目の第一大臼歯にバンドを付けます。
    上下ともに装置を付け、少しずつ歯並びを調整していきます。

    どうして歯並びが悪くなるの?

    遺伝子のイメージ

    歯並びの悪くなる原因としては 遺伝的な要因と後天的な要因の2つに分けられます。
    歯並びに大きな影響があるのは遺伝的な要因ですが、悪い歯並びは多くの原因が相互に影響しあい成長の中で現れます。

    遺伝的な因子

    歯の大きさ、形・歯の生える時期・骨の発育

    後天的な因子

    乳児のむし歯・脱落
    乳歯の時期に虫歯などで、自然に永久歯と生え代わる以前に乳歯を抜いて、
    その後適切な処置を受けずにそのまま放置した場合。

    指しゃぶりなどの癖
    指しゃぶりや頬づえをつくなどの悪い習慣を続けて、顎の骨が変形してしまった場合。
    また噛む力や噛みくせ、舌や唇の癖なども原因となります。
    また口呼吸も歯並びや顔面の発育に大きな影響があると考えられています。

    住所
    〒360-0832 埼玉県熊谷市小島409

    最寄り駅
    大麻生駅から徒歩20分
    熊谷運動公園近く 駐車上完備(10台)

    診療時間
    平日 9:00-12:30 / 14:30-19:30
    土曜 9:00-12:30 / 14:00-16:30
    ※木・日は事前にご確認お願いします

    お問い合わせ 詳しくはこちら